CCクリームを買う前の注意点

CCクリームはいまや世界中のメーカーから発売されていますが、どのCCクリームも同じ機能があるとは限らないため、一度使ったことがあるからと言って同じ感覚で購入すると後々使えないという場合も出てきてしまいます。

 

購入時に気にしなければいけない点、注意点についてまとめてみましょう。

 

SPFが足りない製品アリ

特に海外メーカーには多いですが、UVケアとしては使えないCCクリームもあります。

 

かなり大手メーカーのCCクリームであっても、よくよく見るとSPFが15とか20とかになっている場合も。UVケアとして単品で効果があるのは少なくともSPF30以上ですから、良く見ないで購入すると結局メイク手間が増えてしまう場合があります。

 

ただし、日本製のものはほとんどクリアしているようです。

 

カバー力はかなりマチマチ

CCクリームは肌の色ムラを補正してくれるというから買ったのに、全然なんの効果もない、とガッカリしている人も少なくありません。CCクリームのカバー力は、人によってかなり個人差が出てくる場合がありますので、必ずテスターでチェックしたいものですね。

 

自分がどれくらいの結果を期待しているかによっても違います。

 

保湿効果が足りない製品アリ

こちらも海外製のものが多いですが、CCクリームではまったく潤いが足りないというケースも見受けられます。アメリカの女性誌では、かなりダメ出しがされているものも多いようですね。

 

CCクリームの他に保湿剤を追加する必要があるとなると、かなり使い勝手も違ってきます。

 

それならわざわざCCクリームを使う必要もない、ということにもなりかねませんので、含まれている美容成分や配合量、使い心地などにも注意が必要です。

 

カラーがある場合にはマッチングに注意

日本製のほとんどのCCクリームはホワイト一色なので、あまり気にする必要はなさそうですが、海外製のものには3色から4色のカラーが用意されている場合もあります。

 

パッと見ではわかりにくいのですが、同じように見えて小さなナンバーが違っていたりするので、ネットや海外旅行などであまりよく見ずに買うのは注意しましょう。